BLOG

東洋医学で考えてみる美容シリーズ1 赤坂 美容矯正サロンMiroku

2019/09/17
ロゴ

スタッフの坂崎です!

 

秋の気配が少しずつ感じられるようになってきました。

昼と夜で気温の変化が出てくる為

体調管理にお気をつけいただきたい時期です。

 

鍼灸師でもあるワタクシと致しましては

東洋医学的見地から、

この時期の美容と体調管理で気をつけて頂きたいことを少しご紹介させて頂こうと思います。

 

まず東洋医学では身体に関する色々なことを「五行」というものに当てはめて考えます。

例えば「五臓」は

「肝 心 脾 肺 腎」の五つ。

そして季節の「五季」をここに当てはめると

「春 夏 長夏 秋 冬」になります。

 

」と同じ順番のところを見ると「」ですね!

 

はい、東洋医学的には「秋」は「肺」を痛みやすくなる季節と考えられています。

 

確かに「夏の暑さに疲れた…」という所に

徐々に来る「気温の低下と乾燥」!

また、美容を気にしている方が嫌なワード

トップ3に入る(であろう)「乾燥」!!

これで喉のイガイガや、くしゃみなどが増えてくる、というわけです。

(まさにここ数日、電車などで咳をしている人が増えた気がしています。。)

 

9月の後半頃から、お化粧水などの基礎化粧品は

「さっぱり」タイプから「しっとり」タイプに変更される

などといった方も多いとは思いますが

 

「健康なくして美は得られず!」

 

ちなみに喉の乾燥には果物の梨が良いですよー!

蜂蜜や氷砂糖を添えてラップして少し蒸す、

あるいはレンジでチン!でもOKです◎

 

皮膚表面の乾燥だけでなく

お身体全体で乾燥から身を守りましょう